TEL:090-8575-8185 ご予約・お問合せ 受付時間: 8:00 〜 19:00

アクセス・お問い合わせ

ボートカスタム

明石 タイラバ 虎ノ介 スパンカー装着!

雨の合間を縫って、九州天草より届いたスパンカーを装着しました~^^

image (3)

浦田帆屋さま、この度は即対応いただきありがとうございました!!!

image (4)

 

 

虎ノ介 カスタム パート10 外観完成!

塗装で全体を仕上げ、外観がほぼ完成!

一人で始めたカスタムですが、6月末のフィニッシュに向け様々な方にお力をお借りいたしました、この場を借りて御礼申し上げます!

IMG_1686

IMG_1741

IMG_1750

まだ細かな部分は所々残っていますが、あとは出船しながら仕上げていく感じで進めます^^

さあ、いよいよ試験操業です!

虎ノ介 カスタム パート9!

コックピット周りも作成!

IMG_1607IMG_1610IMG_1616

ベースが出来たので、GPS、魚探などを取り付け^^

IMG_1693

 

ローリングチョップはプロの加工屋さんにお願いし、綺麗に作っていただきました^^

IMG_1657

どれだけ横揺れが低減できるかな??

 

虎ノ介 カスタム パート8!

キャビン後方部分も大胆にカスタムすることに。

当初の状態↓

516

加工へ↓

IMG_1517

IMG_1521

エンジンが丸見えに^^

IMG_1526

IMG_1533IMG_1541

エンジンルーム入り口を左に寄せ、右側に床を張り付け、トイレを後方から移設

IMG_1568

IMG_1570

IMG_1585

IMG_1586

IMG_1591

釣りの邪魔にならない場所に移動できました^^

虎ノ介 カスタム パート7!

色塗り前にパテを盛って削って整形していきながら、、、

IMG_1680

 

IMG_1690

 

IMG_1691

キャビンの塗装はひとまず完了!

大きすぎた当初のキャビンの面影はなくなり、通路・ベンチシートとのバランスもいい感じで、なんせサイドでの釣りがしやすくなって、ひと安心~^^

 

 

虎ノ介 カスタム パート6!

船の顔であるキャビン前方のFRP加工、以前のデザインよりスマートなラインで前下がり気味のイメージで、、、

609

FRP単板を少しカーブつけて、左右の対称具合見ながら貼り合わせて、、、

612

だんだんと開口部が塞がって、

IMG_1670

こんな感じに!^^

うーん、ビジュアル的に継ぎ接ぎがきたないですね・・・^^;

フロントガラスも幅を詰めて作り直し、回転窓もモーターをオーバーホール。

さあ、次は表面全体を仕上げて塗装にかかります!

果して、どこまできれいになるでしょう???

虎ノ介 カスタム パート5!

キャビン前半部分も両サイドの壁を内側に寄せて、サイドにベンチシートを作成。

571

 

587

589

 

広くゆったりしたキャビンサイドになりました。今までよりきっと釣り易いはず!

そして、これから前部分のシルエット作成に入ります。

船の「顔」の部分ですからカッコよく仕上げたいですが、果たしてどうなるか!?

604

 

 

虎ノ介 カスタム パート4!

内側の床板、ベンチシート板を張ったので、いよいよキャビン両サイドの壁を内側にずらしていく。

これまでほとんど一人での作業でまるで亀の歩みだが、重い壁を内側にずらして固定するのには特に難儀した~^^;

515

両壁を内側へスライドさせるには屋根を持ち上げねばならず、やぐらを組んでチェーンブロックで持ち上げてスライド作業開始。

まず後ろから。

517

この壁が、

535

40cmほど内側へ^^

反対も、

516

壁が、

536

内側へ^^

534

ちょっとスリムになった感じ、わかります^^??

虎ノ介 カスタム パート3!

サイドにあけた穴から、板を差し込んでいく。これが新たなキャビン床となり、さらにキャビンの両外側に設置するベンチシートの座面の役目も果たす予定。

 

424

428

 

さらに、コックピット周りも、

316

これが、

441

すべて作り直すつもりで全撤去に^^;

472

サイドベンチ用の座面を固定していく。

この時点では内部には板を張ってるものの、外から見たらまだこんな具合で、サイドのベンチシートはどこ?って感じ、、、

487

うーんまだまだ先は長い・・・がんばりましょう^^;

 

【営業のご案内】 2016年7月1日OPEN致します!

神戸垂水漁港発 海峡ガイドサービス 虎ノ介

鯛カブラ(タイラバ)で明石鯛を狙います!

& 海峡の季節の旬魚を追いかけます!

午前便 7,000円 午後便 6,000円

ご予約受付中!090-8575-8185(平井まで)

虎ノ介 カスタム パート2!

船体カスタムは、強度など安全第一に考え、FRP施工のプロの方にカスタム方法を確認しつつ作業進行。

 

今回は幅広のキャビン幅を狭める加工と同時進行で、高かった屋根の位置を下げて背の高さも解消し、さらにキャビン横にサイドベンチも作成してしてしまうと言う複合的なカスタムを進めることとなった。高すぎる屋根が頃合いの高さになることによって、屋根本体と屋上の機器類も今までより取り付け位置が低くなることから、船の揺れも多少減少し、釣り易さも増すに違いない!と思う^^

 

まずは、屋根を下げるには床も下げねばと、キャビン床の総張替のために、現状の床材をすべてはぎ取る。エンジンも露わになり、ちょっとビビりつつ(・・;)作業進行!

314

 

次に横から新たな床材を差し込むために、ブリッジサイドに差し込み穴を開けていく。

418

 

【営業のご案内】 2016年7月1日OPEN致します!

神戸垂水漁港発 海峡ガイドサービス 虎ノ介

鯛カブラ(タイラバ)で明石鯛を狙います!

& 海峡の季節の旬魚を追いかけます!

午前便 7,000円 午後便 6,000円

ご予約受付中!090-8575-8185(平井まで)

虎ノ介 カスタム!

夢にまで見た釣り船の船長の仕事、修行に長い時間を要したが、ようやくその職を手にするチャンスが巡ってきた。

 

そこで釣り船を1パイ購入することにした。メーカーはヤマハ、長さ16m 幅4m。新艇ではないが、良い大きさで躯体がしっかりしており、エンジンもOH後時間経過少なし、液晶の魚探・GPS・レーダーも備わっていて、おまけに油圧のスラスターまで付いている。これは良い船に巡り合えたと思い、入手。

 

しかし難点もあり、この船はキャビンがデカくて、釣り座がキャビンの横になったお客さんはちょっと釣りにくい感じ・・・うーんどうしよう。。。よし、出来るだけ自分でカスタムしてキャビン幅を詰めてみよう、という事で、カスタムがスタート~!

 

1枚目:購入当初、2枚目:完成イメージ画像(合成)

9930

image (1)

 

【営業のご案内】 2016年7月1日OPEN致します!

神戸垂水漁港発 海峡ガイドサービス 虎ノ介

鯛カブラ(タイラバ)で明石鯛を狙います!

& 海峡の季節の旬魚を追いかけます!

午前便 7,000円 午後便 6,000円

ご予約受付中!090-8575-8185

 

up